会社税務

香港有限責任会社(株式会社)


香港当地からの収入が主に3種類の課税があります:利得税、俸給税、不動産税(注:香港には増殖税がありません)。

利得税

利得税は会社の利益から計算されます。香港で何れの事業、専門の業務を経営し、その事業、専門の業務が香港で利益が発生と確認される場合は利得税を払う必要があります。現在利得税の税率は純益の16.5%になります。しかし、香港会社が香港で業務を行っていない場合は税金を払う義務がありません。また、香港で業務を行っていますか判定の基準は以下通りです :

  1. 営業住所(会社の登録住所ではありません)が香港でありますか。
  2. 海外(香港以外の国)の営業住所がありますか。
  3. 香港で従業員を雇っていますか。
  4. 顧客或いはサプライヤーとの商談を行った場所。
  5. 契約を立てた場所が香港以外の場所でありますか。
  6. 商品また貨物が香港経由していますか。商品また貨物の経由ルートが香港で処理する事がありましたか。
  7. 香港で在庫がありますか。品物を香港で検査する事がありますか。

もし、香港会社が香港以外で経営している場合、その時点の一切関係書類、例えば船務書類、メール、FAX、来港の日にちを残しておく必要があります。弊社は正式登録資格を持つ、香港当地の税務法律が専門する香港執業会計士事務所であります。お客様の事業により、「非香港ローカル経営」申請の注意事項をアドバイス提供いたします。

俸給税

俸給税は個人収入によって収める税目の一つです。何れの方が香港で雇用されていて、香港で働いて得た収入が、認められる支出と個人免税額を除いて、特定の税率で計算します(中国国内の税率にしています)。現在俸給税の税率の上限は俸給の15%です。

不動産税

不動産税は個人の香港投資不動産からの家賃収入で計算します。税率は15%になります。

英領バージン諸島BVI会社


基本的には、非香港住民でBVI会社を所持している、その上に香港で業務・運営していなければ、香港課税を負う必要がありません。

以上は参考していただきたく概要で述べるものです。ご覧になった方が業務上や税務上に決策とするときに、関係の専門アドバイスを尋ねるよう、お勧めいたします。